不眠症改善サプリメントの効果・特徴

不眠症改善サプリメントの配合成分による効果の違いとは?

不眠症改善のサプリメントと言いましても、実にいろんな会社から開発・販売されており、商品による差があるのかないのか、よくわからないこともありますよね。

 

私たち夫婦が自分たちの不眠症を改善しようと色々調べたり、サプリメントも数種類試した結果、不眠症改善サプリメントの配合成分により若干の効果の差があることが感じられました。

 

まず、『セロトニン不足を解消しましょう!』と公式ページで紹介されているサプリは基本的に【熟眠障害】や【中途覚醒】という自律神経の乱れから浅い眠りが続くという不眠症に効果的な場合がほとんどです。

 

成分的には『トリプトファン』や『ビタミンB6』、『グリシン』や他ハーブ系の素材が使われており、セロトニンの栄養素になったり、それをサポートする役割のある成分を配合しています。

 

しかし、中には「セロトニン不足を解消しよう」と言っていても、実際の配合成分を見ていると、そのような内容ではない場合もまれにあります。

 

例えばこんな表記

 

【画像】

 

成分表記というのは、配合量が多い順に上から表記されますが、この場合は必要な栄養素の【トリプトファン】などはかなり下の方に表記されていて、配合量が少ないということになります。

 

これから見ると、一番多く配合されているのが『セロトニンの分泌をサポートする成分』です。

 

セロトニン自体を作ることが出来る栄養素をしっかり食事で摂れている人ならいいですが、食生活があまりバランスの良くない人なら、向かないサプリとなります。

 

選ぶ際は気をつけてくださいね。

 

他には「休息成分配合」とアピールしているサプリメントがありますが、コチラの場合は【入眠困難】や【早朝覚醒】などの、「眠れない」という不眠症の方に最適です。

 

セロトニンのサポートではなく、ほかの成分で“身体を休みやすくしてくれる”働きのあるものが配合されていて、眠りに入るのを助けてくれるサプリなんですね。

 

これらはいずれも食物由来の成分で作られているので、入眠導入剤とはちがい、依存性もなく眠りやすい毎日をサポートしてくれるんですね。

 

このように、不眠症改善サプリメントと言っても、成分にはいろいろありますので、あなたの症状に合わせて選ぶ際の参考になればと思います。