熟眠障害の原因と解消法とは?

浅い眠りばかりが続く【熟眠障害】とは?原因や対策など

■熟眠障害ととは?

 

不眠症の症状というのは一つではなくいくつかありますが、
その中に『熟眠障害』という不眠の症状があります。

 

熟眠というとあまり馴染みのない言葉ですが、簡単にいえば『熟睡』のこと。
熟睡出来ていない状態が続くことを熟眠障害といいます。

 

熟睡ができていないので、夜中に目をさましてしまったり、
浅い眠りが続いて脳が休めず起きた時に疲れが残ってしまうんです。

 

よくあるのが妻と同じような「眠っても夢ばかり見てしまう」という悩み。

 

起きる寸前まで夢を見ていた気がして、起きた後もとても疲れた気がするんです。

 

■熟眠障害の原因とは?

 

これは浅い眠りと深い眠りをくり返すリズムが崩れてしまい、
浅い眠りが続くことで脳が休めずに夢を見てしまうからなんですね。

 

こうなってしまうのは、眠る前の行動や日常の生活習慣が影響しています。

 

眠る前のスマホやパソコンのブルーライトを目に浴びたり、
アルコールがあまり抜けていないまま眠ってしまったりすると
脳がリラックスできず、覚醒状態のままで睡眠に入ってしまうことが原因。

 

またストレスの蓄積などから自律神経が乱れてしまい、
交感神経、副交感神経のスムーズな入れ替わりが出来ないことも原因です。

 

■熟眠障害の解消法とは?

 

眠る前のアルコールやスマホを見ることは、注意をすれば避けられますが、
日頃のストレスなど不明確な原因の要素を取り除くことは
ほぼ無理に近いほどに難しいことですよね。

 

そこで活躍してくれるのが、不眠の解消を手助けしてくれる、
脳のリラックス状態を促してくれるサプリメントなんです。

 

これは、多くの人が悩んでいる不眠症を、原因から取り除くのではなく、
今の状態よりもより熟睡できる状態へ改善するという不眠解消法なんです。

 

より確実に、より素早く不眠の悩みを解消したい方にオススメ出来る解消法です。

 

 

▼私の妻が浅い眠りを解消し熟睡出来るようになったサプリ▼